在宅勤務プログラマが求めている人物像

在宅勤務プログラマは、集中力がないと務まらない。自宅はテレビにパソコンと誘惑が多いので、自己コントロール力がない人は一気に作業効率が落ちてしまうことがあるのだ。そのため、在宅勤務が許可されるのは、実績があって信用されている人のみである。新人がいきなり在宅での作業を希望しても通らないケースがほとんどだ。
集中力と好奇心を持って仕事に当たれる人は、オフィスに来るまでの時間も無駄である。自宅でできる作業はすべて自宅でしたほうが効率が良くなることがあるのだ。基本、在宅勤務が許されるのはそうした一流の人たちのみである。

ただ、難しい作業ではないために上からの指示が必要ない末端の作業員の中にも、在宅での勤務が許されるケースはある。実装部分を担当するプログラマは自宅で仕事をしてもいい会社が多い。在宅できちんと仕事をしてくれる人は、会社にとってもありがたい存在になる。交通費の支給をカットしても大丈夫なので、経費を抑える効果が期待できるからだ。

最近はWEB会議システムが登場していて、在宅にいる社員ともコミュニケーションは取れる。業務連絡についても、グループウェアの登場によってスムーズにできるようになった。今後は、こうした勤務スタイルもさらに増加していくことが見込まれているのだ。そのときのために、今のうちから実績を積んで会社に信頼される人材になっておこうと考える人が多い。高度な資格があれば、信頼はされやすくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です