在宅勤務プログラマに期待される役割

IT業界は慢性的な人材不足が長年の課題となっている。プログラミングができる人間はまだまだ多くはないので、日々成長を続けるIT業界のパイに労働力が追いついていないのが現状である。
在宅勤務プログラマは、こうした人材不足の現状を解決する大きな存在になると期待されている。女性でもプログラミングができる人は多いのだが、主婦をしていたり育児に忙しかったりして、正社員として働くことができないケースが多い。在宅勤務を許可すると、こうした人材の力も引き出すことができるわけだ。

一億総活躍社会を首相が打ち出したが、そのためにも在宅勤務できる仕事をより増やしていかなくてはならない。
時間や場所にとらわれずに、好きなときに好きなだけ仕事ができる環境を整えると、人材不足からも脱却ができるはずである。幸いにも、プログラマという仕事はパソコンが一台あればそれでできる仕事なので、時間も場所も選ぶことがない。自宅ででも完全に仕事をこなしていくことができるので、まずはここから在宅での仕事スタイルを一般化していくのが望ましい。

フリーなら、納期が迫っていて人材が足りていないところへ応援として駆けつけることができるだろう。フットワークの軽さが正社員とは違うところで、それを武器にして戦っていくことができる。企業側としても、こうした自由に動けるタイプの人が多数存在してくれているとありがたいものだ。必要なときに必要なだけ労働力を確保できるので、経営が安定する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です