在宅勤務のプログラマに必要なスキルとは

プログラマのなかには、在宅勤務という形で仕事をしている者がいる。
その雇用形態はさまざまで、フリーランスの場合もあれば正社員や契約社員の場合もある。自宅内が主な仕事場所となるため、決まった勤務時間が設定されていない場合が多い。しかし、企業のオフィスとオンラインでつながっていて、特定の時間帯は必ず勤務している(パソコンの前にいる)ことを義務づけられる場合もある。与えられた仕事を締め切りまでに仕上げることができれば、ある程度は自由に仕事ができるのが通例である。

在宅勤務とはいえ、ずっと自宅で仕事をするわけではない。数週間に1回くらいのペースで、企業のオフィスに出向いて対面によるミーティングがセッティングされる。これは単純なミーティングであるだけではなく、スタッフ間のコミュニケーションを深めるためにも重要である。プログラミングの技術のほかに、チームで仕事を進めるためのコミュニケーション能力も欠かせないのである。在宅勤務のプログラマは、周囲に同僚がいない環境で仕事をするのが通例のため、モチベーションや体調の管理がとても重要である。

また、ITの分野は進歩が急速なため、常に情報収集と勉強が求められる。最新の技術についていけないようでは、仕事ができなくなる場合もある。契約社員やフリーランスで働いている場合は特に勉強が欠かせない。通常の業務をこなしながら勉強を行うのは時間的・体力的に厳しいため、自己管理能力こそが最も重要なスキルといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です